1. HOME >
  2. グランハルカ農園

グランハルカ農園(Granja Luker)

グランハルカ農園(Granja Luker)

カサルカ社は常にカカオ農家の事を考え共に歩んでいます。

1962年に世界でも数少ないカカオ研究施設であるグランハルカ農園を設立、コロンビア共和国近代カカオ栽培の歴史と共に歩んできました。
以来50余年以上に渡るカカオ農家への技術指導は収穫量の増大、カカオ品種の品質の向上、カカオの病気や害虫の研究、それらの為の栽培環境作りの幇助を始め、数千万個に及ぶ種・苗・(接木用)枝の供給、品種改良、品種保全などを行っております。

その結果グランハルカ農園でトレーニングを受けたカカオ農家は以前よりさらに安定したカカオによる収入を得られるだけではなく、カサルカ社が開発したアグロフォレスト・システムを採用することによりカカオ以外の果物やその他栽培による収入を得ることにも成功、短期だけでなく中・長期に渡る安定収入も得ることが出来るようになりました。

※アグロフォレスト・システム

今では年間800名以上のカカオ農家を招き、過去50年では30,000人以上のカカオ農家がグランハルカ農園でカカオの育成、栽培に関する教育を受けています。

 

World Cocoa Foundation / WCF世界カカオ基金

カサルカ社公約の一つにカカオ生産者社会の経済、環境発展の支持を掲げています。
カサルカ社は世界カカオ基金(World Cocoa Foundation / WCF)の一員です。